女性への愛撫の仕方

女性への愛撫の仕方

女性の気持ちになって愛撫する

 

女性を気持よくさせること。これは質のいい性行為に関しては大切な事ですが、この部分に気が付いている男性は多くはありません。

 

ほとんどの男性は性行為に関して自分さえ気持ちよくなれればそれでいいという考え方です。しかし、女性を気持よくさせることによって男性自身も肉体的だけでなく精神的にも気持ちよくなれるのです。

 

女性は様々な感じる部分をたくさん持っています。しかもその感じ方は個人によって違い、それを見極めるのもレベルの高い男だと言えます。

 

女性の気持ちがわかる、女性への愛撫の仕方について紹介していきます。

 

女性の感じる部分は様々

 

性感は一種の触覚で、刺激された局部だけが感じるのではなく、その感覚が全身へと広がるものなのです。性感帯はそのための扉だと思ってください。

 

その中でも経絡は感じる力を呼び起こすツボで、それは女性の性感帯とほぼ重なっています

 

女性は体のすべてが性感帯といっても過言ではありません。性感帯は全身に散らばっています。

 

例えば、皮膚は体表を覆う性感帯です。皮膚には触覚、温覚、冷覚、痛覚、の四つの基本感覚があります。それらの感覚受容器官が無数にちりばめられています。

 

例えば、髪の毛を優しく愛撫されると、根毛の周りにある触覚受容器官は毛髪が曲がったことを知らせ、刺激を快感に変換します。

 

このように皮膚はあらゆる感覚のセンサーが集まった高感度の性感帯なのです。ところが、独りよがりの男性としかセックスしていない女性は、自分で自分の性感帯に気がつくことができません。

 

だからこそ、男性は女性の反応に注意しながら、根気よくその女性の性感帯見つけていく必要があります。

 

性感帯を見つけたら、たっぷりと時間をかけて、愛撫すること。セックスは愛撫がすべてだといっても過言ではありません。

 

さらに女性は性的興奮が高まると、男性のどんな要求も受け入れてあげて位と考えるようになり、それはベッドの中だけでなく日常生活にも影響が出ますので、夫婦であるならば妻を行かせることこそが家族円満の秘訣なのです。

 

オーガズムへ導く

 

わき腹や、太もも、乳房や乳首への愛撫を時間をかけて繰り返しすることが、これから紹介する、女性のオーガズムへ導くための準備となります。

 

まずオーガズムゾーンというのは、自制の生殖器のある骨盤内外全域です。

 

ここには、クリトリス、膣口、肛門、会陰を中心としたもっとも感じる部位があり、そこを取り囲むように、膣、肛門括約筋、8の字筋、後、血管、神経などが集中してあります。

 

そして、オーガズムに上りつめると、これらの筋肉が一斉に収縮と弛緩を繰り返し、一種の痙攣のような現象が現れます。つまり、オーガズム時は骨盤周辺にある器官全体で感じているのです。

 

この状態になるために一番大切なのは、挿入よりも乳房や会陰への愛撫です。時間をかけて、丁寧にすることで女性はどんどん心を開いて、そしてどんどん感じやすい体が出来上がってきます

 

女性用バイヤグラをご存知でしょうか?ラブグラといいまだまだ、認知されていないのが現状です。不感症など感じずらい女性のためのものでいつもとは違う快感を得たいなんて時に女性に飲ませてあげたいものです。

 

自分がしている性的刺激で女性が快楽におぼれる姿を見る子は、男性にとってはとても気持ちがいいことです。セックスのレベルが低いことは、男性は自分が射精することしか頭にないことが多いですが、経験を積むごとに自分が気持ちよくなることから、女性を喜ばせることに目的になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ